涙道狭窄・涙嚢炎JR町田駅〔北口〕から徒歩1分、小田急線町田駅〔西口〕から徒歩1分 町田まつむら眼科

涙道狭窄・涙嚢炎 

涙腺で作られた涙は、まぶたの上外側にある涙腺から分泌され、目の表面を潤し目頭にある涙点から涙小管をとおり涙嚢へ達し、鼻涙管を通って鼻の粘膜へ吸収されます。涙小管・涙嚢・鼻涙管など涙が流れる道を涙道といいます。
涙道がなんらかの原因で狭くなったり詰って、涙が吸収されない症状を涙道狭窄といいます。涙が吸収されませんので、目に涙があふれでてきます。涙が溜まってしまうので、目やにが増えることもあります。涙道狭窄で涙の流れが滞り、涙嚢の内部が細菌感染して炎症をおこすと汚れた涙や膿が逆流してきます。これを慢性涙嚢炎といいます。涙目をそのままにしておくと、慢性涙嚢炎になりやすくなります。
慢性涙嚢炎が急激に悪化し急性涙嚢炎を引きおこすと、涙嚢部が強く痛み、顔が赤くはれることもあります。